AKI HATA’s Music!

8.1.3の謎を解明する人生

2016 Summer

今の魂の入れ物歴50年。
傷みやすい器を騙し騙し使いつつここまできて、ひとつの区切りであるような気がしていたので、誕生日の辺りで旅をしようと思っていました。
少し長めの、仕事を持っていかない旅を。
仕事から離れた、ただの自分と向かい合うためです。

 

2016 Summer

いざ出てみると、旅自体は楽しくも、自分と向かい合う作業は、私自身が歌う時の曲を創る時のようにかなりつらい作業でした。過去も未来も切り離し、ぽつんとたった一人で存在する自分、必要とされていない自分、無力な自分と対峙するのは勇気がいります。
それでも今だけを、なんの繋がりもない今を感じて、自分を満たす力があるとしたら、その正体をつかみたかったのです。

 

2016 Summer

なんとなく彷徨いました。
ロンドンからエディンバラへ向かい、またロンドンへ戻り。

ああ、いいなと感じた瞬間とは。
街角のギターアンプに座った演奏家の素朴なフレーズ、ラジオから流れる懐かしい曲、自分から自然にあふれてくるメロディー、機内で気楽に読むコミックの新刊、ロンドンで地名をリアルに感じながら読む英国ミステリ、ルパンやホームズやポアロが出没したとされる地域の散歩、美術館巡りで出会った初めての絵、日本でも会った絵との再会、凝った店頭の飾り付け、街灯に照らされた不思議なパブの看板(と、ビール!)。

母国語が通じない旅の中、私の心を満たしてくれたもの。
自然の美しさは万人を満たすのであろうと思っていた通りで、自分にとって生きている喜びを感じさせてくれたのは、やはり音楽と読書と美術、つまり人の創造の力でした(と、ビール!)。

ああ、やはり、後半の人生も私はこれらと、そして創ることと共に生きていこう…と思える旅になりました。
変化があるかもしれません、かたちや関わり方に。
それでも美しく儚く、私に違う世界を見せてくれる創作物を、愛しながら産み出す自分でありたいのです。

 

2016 Summer

私は今後の人生について、ここ数年間今までにない真剣さで考え続け、そしていつでも向かいたい方向に向かえるような、自由な環境に在りたいという気持ちで動いてきました。
その時々で共有する事に相手がある場合、こう考えている自分を偽りなく伝えて、お互いを理解し合えるような道を探ってきました。
結果、わかってもらうのに成功したこともあり、失敗したこともあります。

それでも…
自分自身の心の声を聞くこと。
自分自身の心の声に率直でいること。
これしかないと思うのです。
理解されずどんなに孤独に苛まれようと、自由な気持ちを貫かない方が苦しいと気付きました。
なので、こんな偏屈な自分を理解してくれる人を大切にしながら、優しく楽しく己を偽らずこれからを生きたいと思っています。

 

私が創ったものを好きになってくださった方が、この文章を読んでいるなかにもいるとしたら、「これからも頑張るのでよろしくね」と、感謝の気持ちを伝えたいです。

加えて、私自身を応援してくださるという奇特な方には、「妙な曲ばかりでごめんね、新曲も変だったね、でもこれからもずっと虚無的破滅的な曲を好んで創ると思うよ」と、同好の士への共感を伝えたいです。

ありがとう。

 

関連記事

  1. 201310

    図書館ロケット全裸待機!

  2. 201411

    11月までの日々の日々 2014

  3. 201701

    1月までの日々の日々 2017

  4. 20150529

    サンキュータツオ『ヘンな論文』トークショー with 伊藤紀之先生

  5. 201507

    7月までの日々の日々 2015

  6. 201506

    6月までの日々の日々 2015

  7. 201508

    8月までの日々の日々 2015

  8. COCOLORS

    2月までの日々の日々 2017

  9. London2016

    8月までの日々の日々 2016

最近の記事

  1. COCOLORS

Archive

PAGE TOP