2019.08.13

8.1.3.から未踏の地を彷徨う人生

20190813

また夏の中にいます。
あと何回夏がくるのだろうと思いながら。

20190813

自分自身の心の声を聞くこと。
自分自身の心の声に率直でいること。

どんなに孤独になっても、これらを貫くと決めて3年が経ちました。
(※ 8.1.3.の謎を解明する人生参照)

現在、今までの人生の中で一番納得出来る環境にいると実感しています。
もっと早く色々決断できていたらと思いましたが、愚かな私は数々の愚かな経験を積みかさねた上でないと、この気持ちに辿り着けなかったのでしょう。

20190813

特に長年の悩みであった「職業作家、アーティスト、普段の自分との乖離」、去年答えらしきものに気付き(※ 8.1.3はそもそも謎であるのか?と考え直す人生参照)、「音楽と人生は相互に作用し、果てしない充実感に満たされる」という意味が分かりかけています(まだ完全に分かったと言えない私の至らなさよ)。

20190813

素敵だと思うことに手を伸ばし続ける。
創り続ける。

自分の中に今も消えない情熱を見つけ、人生に求めるものがより一層はっきりしました。
やはり辿り着けないとしても、自分の理想に向かって、自分が面白いと感じる景色を求めて進み続けたいのです。

20190813

今の自分の変化に伴い、理想もまた日々変わります。
大きくなったり、小ぶりになったり。
それもまた、楽しみつつ。

20190813

人生は選択と決断の連続。
困難な道を選ばなければならない時もあります。

音楽を職業とする、と決めて生きてきた自分が現状をなんとなく快適だと感じたら、思考が停止しているのかもしれません。
ぬるま湯に漬からず、自分の中に生まれるものを追求し、作家として求められるものを磨き続けたい。

20190813

と、考える53歳の誕生日。
これからも、思い立ったが吉日信奉者として自由に生きていくつもりです。



本日8月13日、「永遠無惨」再配信開始です。



それに伴い、Music videoのフルサイズをYouTubeにアップしました。

TaTa-LaLa

「弱り目に祟られろ!レディオ」テーマソング、「TaTa-LaLa」も配信開始です。
MV作りたいと考えていますが、どんな内容にしようか…ラジオ内で相談したいところです。

20190813

その他の企画も少しずつ進んでいます。
いつも通り時間がかかりますが、待っていてくれたら嬉しいです。

20190813

私は、私の音楽を好きになってくれた人達や、たたらじで気の合う皆様と、楽しく過ごしていけたらなと思っています。
そのための場所をどう作っていったらいいのか、考えています。

応援したい、参加したいと思ってくださった方は、曲を買ったり聞いたりYouTubeチャンネルを登録したり、noteにてたたらじ / 感情言語化研究所を応援して頂けると伝わります。

これらの場所での応援は、私の心の支えになっています。
感謝の気持ちを活動でお返しして行きます、というのもありふれていますが、このやり取りがきっと私達が同じ時代に生きている意味なのでしょう。

20190813

考えてばかりの色々面倒くさい私を気にかけてくれて、本当にありがとう。
(文末の thinking about my life タグで、その面倒くささをまとめて読むことができます)
thinking about my life

最近の記事

たたらじ余聞:27祟目&猫ティー27杯目 (Season3)

たたらじ余聞:27祟目&猫ティー27杯目 (Season3)

弱り目に祟られろ!レディオ Season3 27祟目

弱り目に祟られろ!レディオ Season3 27祟目

たたらじ Season2 再公開中

たたらじ Season2 再公開中

たたらじ余聞:26祟目&猫ティー26杯目 (Season3)

たたらじ余聞:26祟目&猫ティー26杯目 (Season3)

たたらじ余聞:25祟目&猫ティー25杯目 (Season3)

たたらじ余聞:25祟目&猫ティー25杯目 (Season3)

弱り目に祟られろ!レディオ Season3 26祟目

弱り目に祟られろ!レディオ Season3 26祟目

ミュークルドリーミーとサンリオ歴

ミュークルドリーミーとサンリオ歴

– Tokyo – [Apr. 2020] Monthly letter

– Tokyo – [Apr. 2020] Monthly letter

弱り目に祟られろ!レディオ Season3 25祟目

弱り目に祟られろ!レディオ Season3 25祟目

Start up *DREAM* / 熊田茜音

Start up *DREAM* / 熊田茜音

AKI HATA Original Release